えみです。

ダイレクト出版のベストセラーとして「現代広告の心理技術101」はいまだに寝強い人気がありますね。

ダイレクト出版のランキングを見ても常にベスト5に入っています。


びっくりするほどの人気書籍です。

もしかしたらすでにあなたも持っているのかもしれません。


なぜ現代広告の心理技術101はこんなにも人気書籍なのでしょうか。

えみがこの現代広告の心理技術101を買った時のお話をします。

「お客が買わずにいられなくなる心のカラクリとは」

この言葉にえみは興味津々になって、レターを読んで購入しちゃいました。

しかもセールスレターのこの一文
「消費者心理を科学的に暴きお客の心を研究し尽くした本」

科学的に示しているなんて魅力的ですよね。

そして「行動心理学」「消費者心理学」という科学的な話だけで難しい本なのかと思っていたら「おばあちゃんルール」で「隠された秘密」です。

ほんわかな気持ちにさせられて難しいかなと思いつつも購入した記憶があるです◎


もちろん当時のえみは報酬なんてありません。

だから余計に「心のカラクリ」を知りたかったでしたー!


きっとえみと同じようにお客さまに購入していただく「心のカラクリ」知りたくて買った人が多いはずです。

レター読んでこれで閑古鳥さんさようならですー!

早くこないかワクワク待ちわびること数日、あのダイレクト出版さんの茶色の封筒に入れられた本が届き、えみは早速開けて読みましたー!


むむむ。。。


一読して。。。


えみは、さっぱりわからなかったのでした。

むむむ。。むずかしい。。ごめんよ。。


さらに、えええっ

これアメリカンジョークですか。。


意味がわからない。

真意がわからない。


読めば読むほどに。

えみの頭は、「心のカラクリ」知るどころか。

自分の心さえ混乱になって、頭が破裂なのです◎


いつもいつもダイレクト出版さん商売上手だなって思いだけでした。


この本に書いてあることをダイレクト出版さんもやっているんだなって気持ちにもなり、知りたいー!
それなのに益々わからないってなりましたー!


ガーンです◎


いつものように深夜にスカイプ

当時のえみは、今もですが、竹川さんのコンサルを受けています。

竹川さんはマーケティングのプロなのです。
(13億円の負債があった会社を1年で立て直したとか。。)


だからわからないから教えて下さいー!って相談したのです。
(今もご相談スカイプしてるです)


そうしたらびっくりこの本に書いてある購買心理はまさにビジネスする上で知らなきゃいけない恐ろしい原理原則だったのです。


だから売れているのです。ということも教えていただきました。

原理原則が書かれていて役に立つは間違いないです。

役に立った人がこの本は良いとススメているのも嘘じゃないです。
(中身わかっているのか疑問に思う、ただ単にこの本はすごいと紹介している人が多くて残念ですが。。)



ところがこの本買って成果出せている人になるとちょとしかいないのです。


いっぱいテクニック詰まっているから

テクニックだけじゃダメ

それもあります。

本質理解できないでテクニック使うとドボンしますからね。


ずらずら並んでいるだけだから本質がつかみにくいのも本当です。

えみも読んだ時は。。。
おマヌケなのは事実ですが、本当にわからないのです。

どうしても無料と叫ぶとかそんな話に行きがちになってしまいます。

それからやはり翻訳がどうも。。

信念を揺るがす。。。
自我の変形。。。
目的連鎖。。。

意味が全くわかりません。。


だから、えみは竹川さんにたくさん質問して教えてもらいました。


大事なのは一番最初のLF8、信念を揺るがす、自我の変形と教わりました。

成約させたい広告チラシ作るときやアフィリエイト報酬上げたい記事書く時は、まず最初に意識すべきポイントだったのです。


さらに事例がわかりにくいだけでなく、思考麻痺するような順番で羅列されているので、えみの頭では本当に真っ白なままでした。

だから教わるしかなかったのです。


教わったことで、セールスレターの書き方やアフィリエイトのレビュー記事の書き方

心理技術をどう理解してどう使うのか。

本質的なことが見えてきました。


そしてえみだけではなく、竹川さんのコンサル生さんも本読んだだけではわからないということで、一緒に勉強会もしました。


勉強会して心理技術を使ったことで成約率が一気に上がった人もいます。

えみも上がりました。


理解でき、使いこなせるようになると「現代広告の心理技術101」は恐ろしい武器になるのもわかりました。

紙とペンだけでご飯食べれるという話がありますが、ブログ1記事が百万円生むとか本当に可能なのです。


ぜひ「現代広告の心理技術101」を活用し、スキル磨いていただきたいので、より理解できるような流れで現代広告の読み方を竹川さんが解説した特典を提供することにしましたー!



特典レポートの内容を頂いたのでお伝えしておくです◎


現代広告の心理技術101もクロージングの心理技術21も、全部大事ですというような構成のため、読みながらステップバイステップで学ぶのは、難しいのです。


それを竹川さんが、順番に学びながら、成約率をあげる記事が書けるように構成しなおしてくれたのが、特典レポートです。


例えば、ある商品が大好きで紹介したいとします。

どう紹介したら良いのか悩みますよね。

「現代広告の心理技術101」を読みなおして書けるかといえば、えみも最初の頃はどう書けば良いのか全くわからなかったです。

どこをどう応用して活用して良いのか
101すらもわからず、迷っただけなのです。


お恥ずかしい情報ブログの成約率0%のかこ記事です(2014年4月頃のえみ)

「えみの成約率0%の過去記事」


文章力のなさにガーンです。
(すでに販売中止の商品なので永久に成約率0%ですー!)



0%では永遠にお客さんと繋がれなかったので、えみは購買心理を勉強しました。


その時に教わったことが書かれているのが、今回の竹川さんの特典レポート(千聖さん編集)なのです。



もう少し説明しますね。

全部で7章に分かれています。


第1章
ここでは、何を伝えれば一番購入に繋がるのか
その根本である8つの本能的な欲求について学びます。

商品を紹介するときにこの8つのどれかが入るか入らないかで
成約率が0%か10%にも変わります。

えみは取り入れるようになって
昨年11月に情報ブログでも初報酬を得ましたー!



第2章
8つの欲求を理解しても、それだけでは売れないです。
どうすれば、8つの欲求を伝えられるのか

そのために必要な2つの重要なパターンについて
教えてくれます。

この2つのどちらかを伝えることができれば
成約率上がる記事を書けるのです。


最初からこの2つのどちらかを
イメージするだけでも
メモしておくだけでも変わってきますよ。



第3章
人間の8つの欲求もわかった、
8つの欲求を伝える2つのパターンもわかった

でも記事を書く流れを間違えると
8つの欲求を伝えられず、不発に終わります。


成約率あげるためには
記事を書く流れを学ぶ必要があります。

ここで、3つの流れで思わず読みたくなる
引きこませる記事の流れについて学べます。

えみは特に始まりの文章や記事タイトルで意識しています◎
(時々忘れます)



第4章
3つの流れで記事を書くといっても
どういうことを書いていけば良いのかわからないです。

未来型では起承転結を教えてくれますが、
それはアドセンスのためのアクセスをあげる記事の書き方です。

成約率あげるためには、もっと読んでいただいて
お客さまにご納得していただけないと購入していただけません。

購入していただくためにえみも学んだ3つの項目について
この章で学ぶことができます。

この4章までで成約率あげる記事を書くことが可能になるです◎


えみの商品紹介記事も
この3つの項目を入れています。



ところが。。



第5章
いざ第4章までを学び書いても、
成約率が上がらないことも多々あります。

もちろん、成約率上げる記事を書くには
何度も何度も書いてスキルを磨いていくしかないのですが
なにをどう磨いていけばいいのかわからなくなります。

そんな時こそ、この第5章を読みなおし、
自分の記事を修正していってみてください。

あるいは、追加していってみてください。

この第5章で書かれているポイントこそ
思わず買いたくなる文章になる重要ポイントです。


このポイントを抑えて記事を修正したり
書けるようになれば、あなたの記事から
商品を購入してくれるお客さまが増えていきます◎


えみもこのポイントを重視して記事を修正したことで
ブログをあなたにも読んでいただけています。



第6章
現代広告の心理技術101は、
コピーを書く上での細かいテクニックについても
書かれています。

どれが重要でどれをどう使って良いのか
わかりにくいので、それをまとめて
わかりやすく解説したのが第6章です。

ヘッドラインに入れるべきこと
(記事タイトル)

オープニングに書くべきこと
(最初の文章)

成約率上がる文章にするためのチェックポイント

オファーで伝えるべきこと
(お客さまが購入しやすいような工夫)


数々のテクニックをチェックしやすいように
記事の流れでまとめています。

また「クロージングの心理技術21」購入の方にも
わかるように解説してくれています。


こっそりえみ事例も追記していきます。



第7章
「現代広告の心理技術101」は、
広告チラシについてのお話がほとんどです。

一読すると、「なんだぁネットじゃない。。」
そんな感じで無視してしまいそうなお話もあります。

えみも最初はそんな気持ちで読んでしまったため
ちんぷんかんぷんになったり
無視しちゃいましたー!


それをインターネットで活用できるように
解説してくれたのが第7章です。


ネットで使うべき色について
ネットでも仕掛けられるお客さまを呼び込む方法について
ネットで読ませる文章にする書体について
ネットで読ませるブログにするデザインについてなど

竹川さんがわかりやすく解説してくださっています。


えみが時々メルマガでやっていることも
知れちゃいますよ。


これはえみも1年前に欲しかったー!
そんなレポートになっています。


紹介したい商品があるのに、売れなくて困っている
成約率もっとあげる記事を書きたいなら

特典レポートの購買心理を学ぶことで、成約率上がる記事に変わりますー!



「現代広告の心理技術101」は売れていますが、アメリカ発の翻訳書籍でもあり、構成がわかりにく、事例もわかりにくいため、うまく使いこなせている人は、ほとんどいないです。


えみも先生から教わらなければ、書籍の中身も理解できなかったですし、成約率上がるような記事も出来なかったです。
(まだ完全に理解していないため勉強中)


理解して、実践していけば、驚くような変化が起きたのも事実です。

ドジっ子えみでさえも、コツコツやって、成約率上がる記事をかけるようになりました。


ぜひ、成約率上がる記事を書いて、お客さまに喜んでいただきながら報酬を上げてくださいね。



「クロージングの心理技術21」
「現代広告の心理技術101」

どちらかをえみ経由で購入の特典
1.「クロージングの心理技術21」えみ事例レポート
2.「現代広告の心理技術101」竹川さん(千聖さん編集)レポート


「クロージングの心理技術21」(えみブログ記事へ)


「現代広告の心理技術101」購入



特典ご希望の方は、えみ宛にご購入品、ご購入日時記載の上お知らせくださいませ。
↓↓
えみ宛連絡





ついしん
「クロージングの心理技術21」のほうがわかりやすく、購買心理学ぶ上で必要ななことは網羅されていますので、「クロージングの心理技術21」お持ちなら「現代広告の心理技術101」まで購入する必要はありません。

今回の竹川さん(編集、千聖さん)レポートで、必要なことは補っていますので、ご安心ください。





タグ